回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築41年の回遊できる家<リノベーション> –

詳細を見る

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築41年の回遊できる家<リノベーション> –

アトリエm

詳細を見る

アトリエm

アトリエm

詳細を見る

アトリエm

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

平井美行

詳細を見る

平井美行

住宅

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築41年の回遊できる家<リノベーション> –

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築41年の回遊できる家<リノベーション> –

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆2018年4月14日(土)『住人十色』毎日放送(MBS)放送◆
30坪程ある平屋を、ダイナミックな一室空間にリノベーションしました。辺りには田んぼも残るのどかな雰囲気です。

昔ながらの日本家屋ゆえ軒が深いので内部まで光が届かない。まずはこの部分を解決しようというのが、この家のテーマとなりました。

1階の壁をできるだけ減らし、回遊性のあるLDKを提案。また天井部も撤去し、吹抜けとしました。屋根瓦の一部をガラス瓦とし、2階部分から中央に光を落とすことを考えました。

プランを気に入ってもらい「進んで行きましょう」となったのだが、ここからがなかなか大変でした。銀行はリノベーションに対して融資が渋いのです。
リノベーションとは建物の価値を高めるという意味がある。既存建物を活かし、空間の価値を高めるのと、壁紙を貼り換える程度のリフォームでは、工事の規模も難易度も全く違います。
この辺りの現実を、行政、金融とも把握し、言行一致して貰いたいと思います。数千万円単位が可能な新築と違って、500万円を超えてくると、一気にハードルが上がるのです。
しかし、何でも粘り強くトライしてみるものです。理解のある融資先が見つかり、無事工事スタートにこぎつけました。全ての過程でここが一番大変だったかもしれません。

「明るく」は、実はサブテーマで、メインテーマは「長く子供と仲良く」。明るく、家族の幸せを本気で願う前向きな夫妻がいたからこそ、何とか完成までたどり着けました。

設計の依頼をもらえば、あらゆる可能性を探り常にベストを見つけたい。プラン、金額調整、現場監理のいずれも同じです。 しかし、それはあくまでも船の舵をきっているにすぎないのです。

計画の推進力、エンジンのスクリューを回せるのはクライアントの真剣な思いだけだとつくづく思うのです。

住宅詳細

現場所在地 羽曳野市
構造 木造 リノベーション
敷地面積 152.48 ㎡
延床面積 137.97 ㎡
建築費用 105.01 ㎡

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築41年の回遊できる家<リノベーション> –

素材

建築家

一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    23 37
  • 心地よい潮風がそよぐ京丹後の平屋住宅
    20 0
  • 中庭のシンボルツリーを囲む平屋づくりの家
    20 11

梅雨も明けて外で過ごすのが心地よい季節がやってきました!(多少暑くても...) 「家でゆっくり過ごすのもいいけど、晴れた日は外で過ごすのも気持ちいいかな♫でも明日は出勤日。遠出せずに外でリフレッシュ...

14610ウッドデッキ・中庭・リビング・半屋外・カフェテラス・縁側

コロナ禍の影響により、リモートワークが急速に普及しました。職場に行かずとも仕事はできると分かってしまった以上、今後はますます自宅で仕事をする機会は増えていくはず。 そこで必要となってくるのが、自宅内...

10050書斎・吹き抜けのある家・狭小住宅・癒し・カラー・機能的・ワークスペース